さくらのVPSのCentOS7 x86_64にMondo Rescueがインストールできない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

RedHat7のperl-ProjectBuilderで失敗する

2017/07/18現在、さくらのVPSの「標準OSインストール」で導入した「CentOS7」(x86_64)に「Mondo Rescue」をYUMでインストールすると下記のエラーが出ます。

2017/08/02追記。公式から返事があり、GPGのキーがSHA1の問題から変わっているため更新のないパッケージは古いGPGキーを使っているためとのこと。次期、「MondoRescue3.3.0」のリリースで解消される予定とのこと。

warning: /var/cache/yum/x86_64/7/mondorescue/packages/perl-ProjectBuilder-0.14.5-1.rhel7.noarch.rpm: Header V4 RSA/SHA512 Signature, key ID 20ebfb0e: NOKEY
Retrieving key from ftp://ftp.mondorescue.org//rhel/7/x86_64/mondorescue.pubkey

The GPG keys listed for the "rhel 7 x86_64 - mondorescue Vanilla Packages" repository are already installed but they are not correct for this package.
Check that the correct key URLs are configured for this repository.

 Failing package is: perl-ProjectBuilder-0.14.5-1.rhel7.noarch
 GPG Keys are configured as: ftp://ftp.mondorescue.org//rhel/7/x86_64/mondorescue.pubkey

依存ファイルをインストールする際に「perl-ProjectBuilder-0.14.5-1.rhel7.noarch」をインストールするタイミングでエラーが出るのですが、どうやらリポジトリ・ファイルの公開鍵リストで、このファイルだけGPGキーが更新されていないようです。

そのため、「MondoRescue」をYUMでインストールする前に「perl-ProjectBuilder」だけを直接リポジトリからダウンロードして`rpm`で個別にインストールする必要があります。

以下は2017年07月版の「MondoRescue」インストール手順です。


yum update -y
#再起動
cd ~/
sudo wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/7/x86_64/perl-ProjectBuilder-0.14.5-1.rhel7.noarch.rpm
sudo rpm -ivh perl-ProjectBuilder-0.14.5-1.rhel7.noarch.rpm
cd /etc/yum.repos.d/
wget http://www.mondorescue.org/ftp/rhel/7/x86_64/mondorescue.repo
sudo yum install mondo -y
sudo yum install lzop lzo -y

vi /etc/mindi/mindi.conf

所感

とある事情で、弟が持っていた「さくらインターネット」のアカウントを引き継ぐことになったのですが、合わせて「さくらのVPS」も引き継ぎました。色々触ってみて、いい感じだったので、メインのサーバーにしようと決めました。

さくらのVPSの良いところの1つとしては、「OSの再インストールが2〜3分で済む」というのがあります。基本的に管理画面で「標準OSのインストール」でイメージを選択して実行するだけでOSを初期化できます。パソコンのリカバリーよりも簡単かつ早いのには感銘を受けました。そのため、色々なプログラムを入れては消してを遠慮なく試していました。

いわゆるレンタルサーバーのように1ユーザーとしてWEBの領域をシェアするのと違い、サーバーをまるごとレンタルするため出来ることの自由度が圧倒的に高い反面、アプリやソフトのインストールやセキュリティの設定は自分でしないといけません。また、バックアップもWEBのディレクトリだけで良いというわけにはいきません。

しかし、OSの再インストールは楽でも、徐々に定番のセッティングが決まってくると、そのセッティングに持っていくまでが大変なだけでなく、実際に稼働した場合のバックアップなども考えるようになりました。

そこで、サーバーをまるごとバックアップ(ISOイメージにアーカイブ)するために有名な「MondoRescue」を試そうとしたのですが、一筋縄でいかないという結果に。

やっと、スムーズに「MondoRescue」をインストールできるようになったのですが、今度はリカバリーがうまくいかないという状態に。リカバリーまで試してのバックアップ。まだまだ先が長そうです。

エラーログ

参考文献

https://daichan.club/linux/36
http://mondorescue-mailing-list.679749.n3.nabble.com/Mondo-devel-No-space-and-sbin-devfsd-not-found-updated-mindi-td4027726.html
http://www.mogumagu.com/wp/wordpress/archives/1816

関連記事

rootなのにRPMインストール時に「warning: user xx does not exist... TL;DR バイナリファイルではなくソースファイルをインストールしている可能性があります。ファイルにソースファイルである旨の"src"が含まれていないか確認してどうか。 もしくは、ソースファイルのリポジトリなどからダウンロードしていないか確認してどうか。 例)誤:i386.sr...
Mastodonのアップデートとメンテナンス(CentOS7)... この記事は、上記の「さくらのVPS」の「CentOS7」にマストドンを一発でインストールするためのワンライナーの記事を読んで導入された方のためのアップデート及びメンテナンスの記録です。ある程度情報が安定したらQiitaに取りまとめた記事を書きたいと思います。 通常はインストールした時のユーザー(m...
Mondo Rescueのリカバリーイメージにある`lsblk`のオプション... lsblkのヘルプ (util-linux 2.23.2,Mondo Rescueリカバリ ISO同梱) MondoRescueで作成したリカバリ用ISOイメージから起動した際に、`expert`モードでコマンドラインからディスクの状態(vdaかsda、フォーマット、容量など)を確認するのに`ls...
爆速版`grep`の`rg`(ripgrep)をCentOS7に入れてみる... rpコマンドでカレント・ディレクトリ以下のファイルから(マルチバイト含む)任意の文字を爆速で検索してくれるというrp(ripgrep)をCentOS7(さくらのVPS+Kusanagi)に入れてみました。 結論から言うと、ビックリするほど早い。 インストール方法 $ yum-con...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告