64ビットを16進数で表現すると

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

64bit(2進数で64桁の1)は、16進数表記で”F”が16桁になります。

FFFF FFFF FFFF FFFF

MD5は何ビット?

64ビットが16桁の16進数とするとMD5は32桁の16進数であるため、倍の128ビットになります。

MD5の値をSQLiteのINTEGER PRIMARY KEYに使えるか

SQLiteの主キー(INTEGER PRIMARY KEY)の最大値は64ビットであるため、128ビットであるMD5の値はINTEGER PRIMARY KEYにして利用することはできません

そのため、MD5のハッシュ値をString型としては利用できますがINTEGER PRIMARY KEYほどの速度は期待できません。

4ビット

4ビットを 2進数:
1111 (4桁 = 4bit * 1セット)
4ビットを10進数:
15
4ビットを16進数:
F

8ビット

8ビットを 2進数:
1111 1111(8桁 = 4bit * 2セット)
8ビットを10進数:
255
8ビットを16進数:
FF

16ビット

16ビットを 2進数:
1111 1111 1111 1111 (16桁 = 4bit * 4セット)
16ビットを10進数:
65,535
16ビットを16進数:
FF FF

24ビット

24ビットを 2進数:
1111 1111 1111 1111 1111 1111 (24桁 = 4bit * 6セット)
24ビットを10進数:
16,777,215
24ビットを16進数:
FF FF FF

32ビット

32ビットを 2進数:
1111 1111 1111 1111 1111 1111 (32桁 = 4bit * 8セット)
32ビットを10進数:
4,294,967,295
32ビットを16進数:
FF FF FF FF

40ビット

40ビットを 2進数:
1111 1111 …(略)… 1111 1111 (40桁 = 4bit * 10セット)
40ビットを10進数:
1,099,511,627,775
40ビットを16進数:
FF FF FF FF FF

48ビット

48ビットを 2進数:
1111 1111 …(略)… 1111 1111 (48桁 = 4bit * 12セット)
48ビットを10進数:
281,474,976,710,655
48ビットを16進数:
FF FF FF FF FF FF

56ビット

56ビットを 2進数:
1111 1111 …(略)… 1111 1111 (56桁 = 4bit * 14セット)
56ビットを10進数:
72,057,594,037,927,935
56ビットを16進数:
FF FF FF FF FF FF FF

64ビット

64ビットを 2進数:
1111 1111 …(略)… 1111 1111 (64桁 = 4bit * 16セット)
64ビットを10進数:
18,446,744,073,709,551,615
64ビットを16進数:
FF FF FF FF FF FF FF FF

1Mbは1MBとは違うのだよ、1MBとは

通信の「xxMbps」という記載でメガビットをメガバイトと誤解している人を周りでたまに見かけるのですが、おそらくメディアがメガ・ギガ言ってるからだと思います。小文字のbはビットを指して大文字のBはバイト(8ビット)を指します。

同じ1メガでも1メガビット(1Mb)と1メガバイト(1MB)では容量(データサイズ)は8倍違うので注意してください。

1メガビット(1Mb)

1メガビットを 2進数:
1 0000 …(略)… 0000 (21桁 = 4bit * 5セット + 1)
1メガビットを10進数:
1,048,576
1メガビットを16進数:
10 00 00

1メガバイト(1MB)

1メガバイトを 2進数:
1000 0000 …(略)… 0000 (24桁 = 4bit * 6セット )
1メガバイトを10進数:
8,388,608
1メガバイトを16進数:
80 00 00

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告