Google KeepのChrome拡張機能でメモ追加画面がすぐ閉る時の確認事項

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Chromeの設定内のアカウントとログイン中のアカウントを確認

Chromeの設定内にある「ログイン」のアカウントと、ブラウザ上でログインしているGmailでアクティブな(選択されている)アカウントが同じでないと、拡張機能がメモを書き込めないため、ポップアップが閉じます。

Chromeの設定内のアカウントを変えずにログイン中のGoogleアカウント/Gmailアカウントにメモを取りたい場合は、Chromeのシークレット・ウィンドウを使うのが簡単です。

どのGoogleアカウントに書き込むかが重要

とある事情で、弟の高性能なXperiaのAndroid携帯を譲り受けることになり、古いAndroid携帯から引っ越しをしました。

その際に、古いAndroidで利用していたメモアプリのメモが引っ越せないことがわかりました。極シンプルなアプリで重宝していたのですが、データの引っ越しも出来ないほどシンプルすぎたみたいです。とほほ。

そこで、これを機にiPhone(iOS), Xperia(Android), Mac(OSX), Windows上で取ったメモを相互に連携できるシンプルな方法を改めて模索を始めたのですが、どの端末もGoogleアカウント(GmailとGSuite-旧GoogleApps)を利用しているため、Googleのメモサービスである”Google Keep”を試している最中のことです。

なるべくアプリを入れたくないため、パソコン(OSXとWindows)からはメイン・ブラウザであるChromeから入力できたらいいな、と思い拡張機能を追加したのですが、アイコンをクリックするとポップする入力画面が、即行で閉じてしまいます。クリックしては閉じ、クリックしては閉じを繰り返し格闘していました。

「他のプラグイン(厳密には拡張機能)とバッティングしたのかな。チッ」と早合点して、他の機能をオフにしてみたのですが、やはり現象は回避されず。

次に、”http://keep.google.com/”にアクセスしてみたのですが、こちらは問題なし。そういえば、プラグインを追加した際、アカウント設定を聞かれなかったなぁと思い当たり、設定を探してみたのですがどこにもアカウント設定がありませんでした。

私は、個人用と作業(仕事)用の複数Googleアカウント(Gmail)を切り替えて利用しているのですが、Chromeのデフォルトのアカウント(Chrome内の「設定」-「アカウント」)は作業用になっており、GoogleKeepのプラグインを触っている時はGmailを個人用のアカウントで見ていたので、作業用のアカウントに切り替えたところ動くようになりました。

まぁ、動作仕様的には納得が行くのですが、使い勝手に関しては「これはうちの親には無理じゃね?」といった感想を持ちました。両親も個人用のGmailと家族用のGmailの二つを持っているのですが、すでに「どっちのアカウントにアドレス(電話番号含む)を登録したかわからない」あるある状態なのです。

これはiPadとiPhoneでメモを同期していた際にも言えたことで、「どのアカウントに保存されているか」が明確でないと困っちんぐになるのです。

最終的には「Googleアカウントを使って端末間の同期を行う時は、すべて作業(仕事)のアカウントにする」というマイ・ルールを設けて、とりあえず使い勝手をみてみることにしました。

本当はEvernoteで同期したいのですが、1端末内の無料の範囲を超えているため、EvernoteはXperiaの携帯のみで利用して、PCからはブラウザで確認しています。

関連記事

GoogleアカウントとGMailの認証の違い Googleアカウント、GMailアカウント、GoogleAppsのアカウントで分けわかめ GoogleAppsをファミリーウェア(家族用のグループウェア)として使い始めたのはいいのですが、いかんせん既存のGMailを便利に使っていただけに、どう連携していけばいいのか模索中。 Picasaや...
GoogleAppsのログイン状態(オンライン・ステータス)をBlogなどに表示させる方法... Google Chatback Badgesを使う Skypeなどは、WEBやBlog上に自分のログイン状況(オンライン・ステータス)を表示させることができます。 実は、GMailのチャット、GoogleTalk、GoogleChatなどのステータスも、Blogに表示させられます。G...
Googleのスクリプトトリガーで”Bad Request Error 400”の回避方... GoogleSpreadsheetでトリガーを登録すると"Bad Request Error400"が発生する ■答え スクリプトには問題がないという確信がある場合は、ブラウザのクッキーを削除するか、シークレットモード(ステルスモード/プライベートモード/インコグニトモード)で再トライし...
GmailのログアウトURL・GoogleAppsのログアウトURL... Gmail・GoogleAppsのログアウト用クエリ ブラウザを開いた時のホームに下記アドレスを入れておくと、GmailやGoogleAppsのログアウト忘れ防止になります。 ■Gmail https://mail.google.com/?logout ■GoogleAccoun...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告