Mac OSXでbrewを使うと”Using the sandbox”と表示される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

CI版Homebrew/Coreでinstallすると”Using the sandbod”と表示される

Mac(OSX)では、コマンド・ライン版brew(”Homebrew CI”)もしくはCore(”homebrew/core”)を使ってパッケージをインストールすると、その際にビルド時のセキュリティのためmacOSの”sandbox”機能を利用します。

下記は軽量ネットワーク用ライブラリ”libnet“をbrewを使ってインストールした場合のメッセージです。


$ brew install libnet
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/libnet-1.1.6.sierra.bottle.
######################################################################## 100.0%
==> Pouring libnet-1.1.6.sierra.bottle.1.tar.gz
==> Using the sandbox
🍺 /usr/local/Cellar/libnet/1.1.6: 16 files, 517.4KB

MacのSandbox機能とは”Apple Seatbelt”とも呼ばれる、「プログラムを保護された領域で動作させることによってシステムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティ機構」です。BSDベースの”sanbox”をOSX用にカスタムし、Leopard(OSX10.5)以降から利用が始まり、Snow Leopard(OSX10.6)から標準実装されました。

しかし、Homebrewが、この”macOS sandbox”に対応したのはSierra(macOS10.12)以降にリリースされたバージョン(Homebrew 1.0.0, 2016/09/21)からであるため、Sierra以前のユーザからするとちょっとビックリするかもしれません。

しかし、サンドボックス内でビルド&コンパイルが無事に行われるとインストールはできるので、”Using the sandbox”メッセージは「サンドボックス内でビルドしたよ」程度に思えばいいでしょう。

参考元:

関連記事

Macの右クリックで新規ファイル作成(Lion版)... NuFileがMac OSX Lionで使えなくなった Macでいう「新規フォルダ」の作成と同じように、Windowsでは右クリックのメニュー(コンテキストメニュー)から新規のテキストファイルが作成できます。しかし、残念ながらMacではこの機能を標準機能として持っていないので"NuFile"と...
MacBookProでBootcamp上のWinXP用ビデオ・コントローラー・ドライバ... MacBook ProにBootcampでWindowsXPを入れて、解像度が1024×768以上にならず、デバイス・マネージャーを見るとディスプレイアダプタがビックリして(「!」マークがついて)いる場合は、"SnowLeopard"のインストールCDを開きATIのXP用レガシードライバを入れま...
Vectorworks2012をMavericks対応(OSX10.9対応)にする... Vectorworks2012スタンドアロン版をMacOSX10.9(マーベリックス)で動かす Mavericks(OSX10.9)に移行してVectorworks2012を起動するとスプラッシュ画面までは出るものの、アプリが強制終了してしまいます。 日本の公式サイトのサポートでも、Ma...
Acrobat Pro9が”El Capitan”(OSX10.11)で起動しない場合... CS4のAdobe Acrobat IX ProをMacのEl Capitan(OSX10.11)で動かす 最初は起動しなかった(起動途中でハングしていた)のですが、adobeのFTPサイトからアップデートを手動で古いものからダウンロード&インストールを根性で繰り替えして適用したら動くようにな...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告