Mac OSXでbrewを使うと”Using the sandbox”と表示される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

CI版Homebrew/Coreでinstallすると”Using the sandbod”と表示される

Mac(OSX)では、コマンド・ライン版brew(”Homebrew CI”)もしくはCore(”homebrew/core”)を使ってパッケージをインストールすると、その際にビルド時のセキュリティのためmacOSの”sandbox”機能を利用します。

下記は軽量ネットワーク用ライブラリ”libnet“をbrewを使ってインストールした場合のメッセージです。


$ brew install libnet
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/libnet-1.1.6.sierra.bottle.
######################################################################## 100.0%
==> Pouring libnet-1.1.6.sierra.bottle.1.tar.gz
==> Using the sandbox
🍺 /usr/local/Cellar/libnet/1.1.6: 16 files, 517.4KB

MacのSandbox機能とは”Apple Seatbelt”とも呼ばれる、「プログラムを保護された領域で動作させることによってシステムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティ機構」です。BSDベースの”sanbox”をOSX用にカスタムし、Leopard(OSX10.5)以降から利用が始まり、Snow Leopard(OSX10.6)から標準実装されました。

しかし、Homebrewが、この”macOS sandbox”に対応したのはSierra(macOS10.12)以降にリリースされたバージョン(Homebrew 1.0.0, 2016/09/21)からであるため、Sierra以前のユーザからするとちょっとビックリするかもしれません。

しかし、サンドボックス内でビルド&コンパイルが無事に行われるとインストールはできるので、”Using the sandbox”メッセージは「サンドボックス内でビルドしたよ」程度に思えばいいでしょう。

参考元:

関連記事

Lionの”再ログイン時にウインドウを再度開く”を標準で無効にする... Mac OSX Lionの”再ログイン時にウインドウを再度開く”のデフォルト設定値を無効にする 下記コマンドを、アクセサリにあるターミナルから実行します。以降は、チェックが入っていても終了時に起動していたアプリは起動しません。 curl http://goo.gl/Z4EFC -L -s...
Vectorworks2012をMavericks対応(OSX10.9対応)にする... Vectorworks2012スタンドアロン版をMacOSX10.9(マーベリックス)で動かす Mavericks(OSX10.9)に移行してVectorworks2012を起動するとスプラッシュ画面までは出るものの、アプリが強制終了してしまいます。 日本の公式サイトのサポートでも、Ma...
MacのOS移行後のモデムをメニューバーから消す... メニューバーのモデムアイコンが消せない commandキーを押しながらアイコンをドラッグ・アウトで消せます ■備考 職場に新しいMacBookProが入ったので、古いMacからタイムマシンを使って環境を移行しました。(SnowLeopard->Marvericks, 1...
Wineskin+OSXで日本語入力する方法 Wineskin Winery+OSX10.9で日本語入力に対応させる 2015/05/28 追記 この記事ではX11を通して日本語入力する方法を検証していますが、WineskinではMac Driverに対応しているため、色々なアプリを入れるよりはレジストリを修正する方が簡単なように思...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告