macOS Sierraで複数モニタ間でDockを移動させない方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

OSXでサブ・ディスプレイにDockを表示させない手順

Dockをセカンド・モニタ(メイン・モニタ意外)に表示させないためには操作スペースを1つに固定する必要があります。

[システム環境設定]-[MissionControl]-[ディスプレイごとに個別の操作スペース]のチェックを外して、再起動

MacのMaverics(OSX 10.9)からDockはアクティブなディスプレイ(作業中のモニタ)に表示されるようになりました。

私はiPadをUSB接続でセカンド・モニタとして(iPad2 mini+duetを)使っているのですが、その際にBetterSnapToolというウィンドウを最大化したり、画面の半分の大きさに整えてくれるアプリでウィンドウを整理しながら使っています。

しかし、せっかく整理したのに作業するモニタを移動するたびに下のDock(アイコンバー)がついてきて、整理したウィンドウが押し出されたり、はみ出たりといささか使いづらさを感じていました。

システムファイルを編集してDockを固定するマニアックなハッキングはあるようなのですが、開発マシンなのでなるべく標準機能で回避したいと思ったのですが、海外のフォーラムでミッションコントロールで回避できる旨を発見しました。サブ・ディスプレイ(セカンド・モニタ)にメニューバーも表示されなくなりますが、逆にワークスペース(作業スペース)が増えたので個人的には一石二鳥です。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告