さくらのVPS+Ubuntuでapt-get upgrade時にgrubエラー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今話題のMastodonがどんなものか試してみようと、さくらのVPSにOS(Ubuntu 16.04 amd 64)をインストール直後に`sudo apt-get update`してから`sudo apt-get upgrade`すると、パッケージの設定(Package configuration)時の処理で下記エラー(確認画面)が出ました。

Error on package configuration when apt-get upgrade at Ubuntu.

Configuring grub-pc
A new version (/tmp/grub.BF0522NpMS) of configuration file /etc/default/grub is available, but the version installed currently has been locally modified.

What do you want to do about modified configuration file grub?

install the package maintainer’s version
keep the local version currently installed
show the differences between the versions
show a side-by-side difference between the versions
show a 3-way difference between available versions
do a 3-way merge between available versions (experimental)
start a new shell to examine the situation

どうやらgrub(OSのブートローダー)の設定ファイルの新しいバージョンがあるがどうするか聞いてきているようです。

しかし、grubの設定ファイルを置き換えてしまうとVPSを再起動したときに起動しなくなることがあるそうなので、デフォルト(オリジナル)の設定のままにするため2番目の「keep the local version currently installed」を選んでおいた方がいいようです。

関連記事

「さくらのクラウド」でスタートアップスクリプトの進捗確認... "/root/.sacloud-api/notes/"に、拡張子「xxx.done」のファイルが出来ていた場合は処理は完了しています。 「xxx_apikey」がある場合は処理中。 “/root/.sacloud-api/notes/”に作成されるファイル。"スタートアップスクリプトID...
Mastodonのアップデートとメンテナンス(CentOS7)... この記事は、上記の「さくらのVPS」の「CentOS7」にマストドンを一発でインストールするためのワンライナーの記事を読んで導入された方のためのアップデート及びメンテナンスの記録です。ある程度情報が安定したらQiitaに取りまとめた記事を書きたいと思います。 通常はインストールした時のユーザー(m...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告