FireAlpacaで出来ない網点モノクロ2階調(1bitの新聞印刷)をGIMPで行う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

モノクロ2階調(1bit)

GIMPでの一般的なモノクロ2階調(2値,1bit)変換手順

  1. 画像 → モード → インデックス → モノクロ2階調(1bit)パレットを使用
  2. ディザリング → 色ディザリングを「ポジション」や「誤差拡散」など
  3. 「変換」で実行

網点(新聞印刷風)でモノクロ2階調

カラーデータに「新聞印刷」をかけて、グレースケールにしてからモノクロ2値にすると、新聞や雑誌のような丸ドットでグレースケールをモノクロ2値で表現する網点に近くなります。

  1. フィルター → 変形 → 新聞印刷 → 角度の数値を上げ丸点の大きさを調整する → OK
  2. 画像 → モード → グレースケール
  3. 色 → しきい値 → 濃度を調整する
  4. 画像 → モード → インデックス → モノクロ2階調(1bit)パレットを使用
  5. ディザリング → 色ディザリングを「ディザリングしない」

所感

FireAlpacaには、1bitレイヤーという2階調専用のレイヤーを使うことができるのですが、イラストがメインのためか変換するとベタに塗りつぶされた感じに変換されてしまいます。

Tシャツやグッズなどのプリント用にモノクロ2値に変換したいのですが、FireAlpacaではディテールがつぶれすぎてしまうため悩んでいました。そこで、同じ無料のペイントツール「GIMP」を使って変換します。使いやすさはFireAlpacaの方が断然上なのですが、やはり細かい機能面でPhotoshopやGIMPには勝てません。しかしFireworksを使い続けていた私はFireAlpacaの方がしっくり来ます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告