WineskinでWSH(VBS)やバッチ(BAT)を動かす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Wineskinで作成したラッパー(.app)の起動時にWindowsScriptingHostやBATファイルを動かす

WSHファイル(.vbs)/バッチファイル(.bat)の設置

  1. 作成したラッパー(〜.app)の「パッケージの内容を表示」
  2. “drive_c”フォルダ内に作成したWSHファイルやBATファイルをコピーする

作成した.app起動時にWSHファイルを実行する

  1. 作成したラッパー(〜.app)の「パッケージの内容を表示」し、wine.appを開く
  2. “Windows EXE:”欄に作成したWSHファイル(.vbs)のパスを記述する

もしWSHファイルの必要なDLLが足りない場合、wine.appの”Tools”内にある”Winetricks”にてWSHを検索し、DLLを追加します。ただし、ダイアログ系などはうまく動かないようです。

https://gist.github.com/mlhaufe/1034241

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存