Wineskin Winery をSierra(macOS 10.12)にインストールする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Alexas_Fotos @ Pixabay


Wineskinの最新版をSierraにインストールする

結論から言うと、インストール自体は特に問題なくできます。

Wineskin Wineryの最新版ダウンロード先

OSアップグレード前にインストールされていたアプリはアップグレード後も動くのに、新規インストールすると動かないものがある

OSX 10.11(El Capitan)からmacOS 10.12(Sierra)にアップグーレードしたのですが、元々ElCapitan時代にインストールされていたアプリは概ねSierraでも正常に動いていました。

しかし、その後、色々試して(色々なアプリをインストールしてはアンインストールしたりして)いたところ不安定になったり、開発したアプリがSierraに新規インストールできないと言った声がありました。

特に、Wineskinで作成したラッパー(wrapper)を同じ作成した環境(ローカル)では動かせるのに、ダウンロードさせて(右クリックで開くから)起動しても動かないと言った現象だったので、最初はデータが壊れたのかなと思いました。しかし、どうやらそうでもないようで、やはり自分の環境かなと思い、思い切ってOS(Sierra)をクリーン・インストールしました。

まだ、再コンパイルしたものを新規インストールしてもらっていないのですが、今のところ正常に動いているようなので、恐らく別途インストールしたWine、Brew、複数バージョンのXcodeなどがぶつかっていたのかなと思います。まぁスッキリしたし、今はそれでいいかと感じています。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存