Macのディスクユーティリティのデバッグモード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

OSXのディスクユーティリティをデバッグモードで起動して隠しパーティションを表示する

Macのディスクユーティリティで”EFI”やリカバリーなどの隠しパーティションを表示したい場合は、ターミナルからディスクユーティリティのデバッグモードを有効にしてから起動すると、メニューに「デバッグ」が現れ「すべてのパーティションを表示」が選択できるようになります。

デバッグモードの有効化・無効化コマンド

ターミナルで”cd /Applications/Utilities”まで移動後、”Disk Utility.app”があるのを確認したら、下記コマンドで有効にします。

有効化
 defaults write com.apple.DiskUtility DUDebugMenuEnabled 1
無効化
 defaults write com.apple.DiskUtility DUDebugMenuEnabled 0

参考文献:Enable Disk Utility’s Debug Menu


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告