Googleでマインクラフトのサーバーをたてる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Googleのクラウド上にマイクラサーバーを立てる

GoogleAppエンジンでPHPが動くようになったと小耳にはさんだので、仕様を読んでいたら、ふと、Googleのクラウド型仮想サーバ(Google Compute Engine/VM)上にMinecraftのマルチ用のサーバを立てられないかなーと思い、調べたらGoogle本人がガチで立て方のチュートリアルをリリースしていました。

Setting up a Minecraft server on Google Compute Engine
(https://cloud.google.com/solutions/gaming/minecraft-server)

Googleのデベロッパーに登録していれば、約25分程度で立ち上げられるそう。

(無料の範囲で試す場合でも本人確認のためクレジットカード情報が必要です。)

チュートリアルの設定(50GB,1 vCPU, 3.75GB RAM,SSD)で最高50人くらいのクライアントがマルチで接続できるそうです。
(300ドル分のデータ転送量を越えるか、無料試用期間の60日を経過すると使えなくなるので、必要であればそれまでに有料版にアップグレードします。アップグレードしない限り使えなくなるだけで課金されることはありません。)

主な工程は

  1. Google Cloud Platform上に新規プロジェクトを作成
  2. プロジェクトを仮想マシン(Compute Engine)として割当て
  3. 仮想マシン(VM)のインスタンスを作成
  4. インスタンスのディスクイメージを設定(50GBのSSD)
  5. インスタンスのIPをstatic IPとして”mcs-ip”で設定
  6. インスタンスを登録(VMの起動、OSはDebian Linux)
  7. インスタンスページにあるブラウザ版ターミナルからSSHでインスタンスに入る
  8. マイクラ用のホームディレクトリを作成する
  9. “safe_format_and_mount”スクリプトを実行して、インスタンス上にディスクをマウントし、フォーマットする
  10. コマンドベースのJRE(Headless JRE)をインストール
  11. マインクラフトのサーバソフトをダウンロード(wget)する
  12. 初期化のための初回起動を行う(必要なディレクトリやファイルが作成される)
  13. サーバの設定ファイルを編集する
  14. SSHをログアウトしてもサーバを起動し続けるようにscreenアプリをインストール
  15. screenでサーバを実行する
  16. クライアント接続用にファイアーウォールの設定を行う
  17. 必要であればバックアップのスクリプトを作成し、定期実行する

※チュートリアルではバニラのサーバをインストールしていますが、カスタム版もインストールできます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告