Filemakerでレイアウトのサイズにウインドウを自動調整+センタリング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

FileMakerでウインドウ内のレイアウト描画領域を取得せずにウインドウサイズをフィット(自動変更)させる

Filemakerで、ウインドウを開いた時、サイズをピッタリとレイアウトの領域に合わせたかったのですが、最初はGET()関数で「Get ( ウインドウ高さ )」とか「Get ( ウインドウ幅 )」を読み込んで(取得して)サイズ指定するのかー、と思っていたのですが、答えは単純でした。

ウインドウの調整 [収まるようにサイズ変更]

「ウインドウ」のスクリプトステップの「ウインドウの調整」を追加して、「スクリプトステップオプション」を「収まるようにサイズ変更」に指定するだけ。

FileMakerのウインドウを上下左右中央に配置(センタリング)する方法

上記のウインドウサイズがわかれば後は簡単。FileMaker本体内の領域のサイズ(Winの場合)かディスプレイのサイズ(Macの場合)を取得して、その半分のサイズからウインドウの半分のサイズを引いた位置に設置すればセンタリングになります。

(1)スクリプトステップ:[新規ウインドウ]
    ・ウインドウ名以外は空欄。ウインドウ名は適当に。
    ・「ウインドウスタイル」の「詳細なスタイルを指定」は必要にあわせて設定
(2)スクリプトステップ:[レイアウトの切り替え]
    ・任意のレイアウトに設定する
    ・必要なら、この後に『メニューバーの表示切り替え [隠す]』『ツールバーの表示切り替え [隠す]』のスクリプトステップを追加してもよい。
(3)スクリプトステップ:[ウインドウの調整]
    ・指定:「収まるようにサイズ変更」
(4)スクリプトステップ:[ウインドウの移動/サイズ変更]
    「サイズと位置」
    ・高さ:    Get( ウインドウ高さ )
    ・横幅:    Get( ウインドウ幅 )
    ・上端からの距離:  Int( Get( ウインドウデスクトップ高さ ) /2 ) - Int( Get( ウインドウ高さ ) /2 )
    ・左端からの距離:  Int( Get( ウインドウデスクトップ幅   ) /2 ) - Int( Get( ウインドウ幅   ) /2 )

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存