iCloudのメモを同期する際の落とし穴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

iOSデバイス間の「メモ」アプリで同期しないメモがある

f:id:KEINOS:20140620224207p:image

ポイント
iOSの設定(「設定」アプリ内)で、iCloudのアカウント以外に「メール/連絡先/カレンダー」で複数アカウントがある場合、アカウント内の「メモ」の同期をオンにするのは1つに絞る

iCloudには、同じAppleIDであった場合、iPadの「メモ」アプリに入力するとiPhoneの「メモ」アプリにも同期する機能があります。Windowsでいう「メモ帳」(Notepad)程度の機能しかない「なんちゃてEvernote」みたいなもんです。

基本的にはiOSの設定アプリにあるiCloudの設定で「メモ」をオン(有効)にするだけで使えます。恐らくiPhoneを購入した際に”○○○○@icloud.com”のアカウントでAppleIDを作成した方は最初からオンになっていると思います。

しかし、携帯メール、GMail、Yahoo!メール、会社のメールとメールアドレスがすでに沢山ある方は「また別のメアドを作るのはいやだ」とGMailなど既存のメアドでAppleIDを作った方が多いと思います。その場合は、iCloudの「メモ」設定はオフになっているのではないでしょうか。これはiCloudの「メモ」をオンにするには”~@icloud.com”のメアドが必須だからです。

それでも、設定アプリの「メール/連絡先/カレンダー」にGMailなどを設定している人は、アカウントの設定に「メモ」があるので何気なくオンにしたところ使えているのでそのまま使っている人も多いと思います。

そんな中、iPhoneで入力したメモがiPadに反映されないケースがあります。逆は反映されるのに、なぜ?といった感じ。これは複数メールアカウントを登録した場合に発生します。

実は、「メモ」とは言っても中身はIMAPを利用したメールなんです。GMailユーザーで、宛先を入れずに「下書き」としてメールをメモ代わりに使っている人もいるのではないでしょうか。あんな感じです。

つまり、IMAP経由でメールボックスに”Notes”というフォルダ(ラベル)を作成し、その中に宛先(“To”)のないメールを保存しているのです。

そのため、複数メールアカウントを登録して、各々の設定で「メモ」の同期をオンにすると、どのアカウントにメモを保存したかわからなくなるのです。

全てのiOSデバイスで同じメールアカウントを登録し、すべてのメモをオンにした場合は、当然すべて同期されるので気付きづらいのですが、iPadでは会社のメアドだけでいいやとアカウントを消した場合などに、メモが迷子になるケースが発生します。

メモを登録する際に、どのアカウント(メールボックス)に登録しているか把握出来ていればいいのですが、それも面倒なので、一番シンプルな解決法は「メモの保存先を1つに統一する」ことです。

実は「連絡先」にも同じ事が言えます。GMailの連絡先とiPhoneの連絡先を同期しているのに、iPhoneにはあってGMailにはない連絡先がある場合、登録先をiCloudにしているのだと思います。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告