Googleスプレッドシートで、同じ列に合計欄と数値欄を設置する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Google Spreadsheetsで見出し行を合計欄にした同列の最後の行まで動的にSUMする

Googleスプレッドシート上で、ある列、たとえば”B列”の全合計を知りたい場合、”=SUM(B:B)”の計算式で列の総合計が算出できます。

しかし、合計欄と対象となる数値一覧を同じ列内に設置したい場合、単純に”SUM”関数で1列を全指定して(”=SUM(B:B)”を)使うとエラーが出てしまいます。

合計欄が自分自身も合算(SUM)に含めてしまうためです。当然ですね。

■やりたいイメージ

f:id:KEINOS:20140329194107p:image

通常は”=SUM(B1:B100)”といった、範囲を指定するわけなのですが、行が範囲を超える、つまり動的に範囲が変わる場合に悩んでしまいます。

都合により、行見出しを固定して見出しに合計額を出したい場合、特に。

最初は”ROWS”関数で行数(最大行数)を取得する事で範囲指定のうち、列の最大値に利用しようとしたのですが、もっと簡単な方法がありました。

■解決式

=SUM( OFFSET( B:B, 3, 0 ) )
※全列指定して、見出しの行数ぶん範囲を下げてあげる。ここでは3列。

ログの様に記録(行が適宜追加)される場合など、別の列に合計額を記載するのが普通なのですが、iPad,iPhone,Androidなどのモバイル端末で画面幅を抑えたい場合にも便利だと思います。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存