Googleスプレッドシートで、同じ列に合計欄と数値欄を設置する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Google Spreadsheetsで見出し行を合計欄にした同列の最後の行まで動的にSUMする

Googleスプレッドシート上で、ある列、たとえば”B列”の全合計を知りたい場合、”=SUM(B:B)”の計算式で列の総合計が算出できます。

しかし、合計欄と対象となる数値一覧を同じ列内に設置したい場合、単純に”SUM”関数で1列を全指定して(”=SUM(B:B)”を)使うとエラーが出てしまいます。

合計欄が自分自身も合算(SUM)に含めてしまうためです。当然ですね。

■やりたいイメージ

f:id:KEINOS:20140329194107p:image

通常は”=SUM(B1:B100)”といった、範囲を指定するわけなのですが、行が範囲を超える、つまり動的に範囲が変わる場合に悩んでしまいます。

都合により、行見出しを固定して見出しに合計額を出したい場合、特に。

最初は”ROWS”関数で行数(最大行数)を取得する事で範囲指定のうち、列の最大値に利用しようとしたのですが、もっと簡単な方法がありました。

■解決式

=SUM( OFFSET( B:B, 3, 0 ) )
※全列指定して、見出しの行数ぶん範囲を下げてあげる。ここでは3列。

ログの様に記録(行が適宜追加)される場合など、別の列に合計額を記載するのが普通なのですが、iPad,iPhone,Androidなどのモバイル端末で画面幅を抑えたい場合にも便利だと思います。

関連記事

Googleのスクリプトトリガーで”Bad Request Error 400”の回避方... GoogleSpreadsheetでトリガーを登録すると"Bad Request Error400"が発生する ■答え スクリプトには問題がないという確信がある場合は、ブラウザのクッキーを削除するか、シークレットモード(ステルスモード/プライベートモード/インコグニトモード)で再トライし...
GoogleSpreadsheetでMD5ハッシュを取得する時の落とし穴... 違う文字列を渡しても`DigestAlgorithm.MD5`のハッシュ値が同じ結果になる Googleスプレッドシートのセルの値をMD5化したい場合など、GoogleのAppsスクリプト(GAS)で`Utilities.DigestAlgorithm.MD5`メソッドを使って日本語文字列のMD5...
GAS(Google Apps Script)で`Object.assign`できない... GASの`Object.assign()`メソッドは標準状態では使えません。拡張が必要 ”Google Apps Script”(GAS)は、GoogleスプレッドシートなどのGoogleのクラウド商品をプログラムするのに使われ、JavascriptをベースにしているのでWeb開発者にはわかりやす...
GoogleスプレッドシートでMD5関数・4桁の短いハッシュを取得する関数... MD5関数とMD5を4桁まで短くしたハッシュ値をGoogleSpreadsheetsのセルで使う為のGoogleAppsScript(GAS) Googleスプレッドシートのセル内に`=MD5( A1 )`といった計算式を入れるだけで、引数もしくは参照先のセルの値をMD5でハッシュした文字列を返す...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告