Vectorworks2012をMavericks対応(OSX10.9対応)にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Vectorworks2012スタンドアロン版をMacOSX10.9(マーベリックス)で動かす

f:id:KEINOS:20140215155058p:image

Mavericks(OSX10.9)に移行してVectorworks2012を起動するとスプラッシュ画面までは出るものの、アプリが強制終了してしまいます。

日本の公式サイトのサポートでも、Mac OSX10.9ではVectorworks 2012は動作しないと記載されいるのですが、本家サイト(英語版)のナレッジベースに修正パッチが出ていました。(下記リンクや手順参照)

これでMavericksがプリインストールのマシンや、古いMacにMavericksを入れても安心♪

下記、マシンで動作確認できていますが、VW2012のスタンドアローン版は動いたのですが、ネットワーク版ではこの手順では動きませんでした。わかり次第、ここに追記していきます。

動作確認済みマシン

1) MacBook Pro Retina, 13-inch, Late2013 (2.3GHz IntelCore i5,8GB,VRAM 1024MB) + OSX 10.9.1日本語版

2) MacBook Pro, 17-inch, Mid2010 (2.66GHz IntelCorei7, 8GB, VRAM 288MB) + OSX 10.9.1日本語版

"Quick Look and Spotlight Support for Older Versions of Vectorworks on Mac OSX 10.9 Mavericks"(Vectorworks KnowledgeBaseより)

修正手順

  1. 上記リンク先の記事の下部にある”SecurityHelperTool”の最新版をダウンロードしておきます。直リンクは下記。
    SecurityHelperToolのダウンロード
  2. ファインダーのアプリケーションからVectorworksの本体を右クリック(Control+クリック)から「パッケージの内容を表示」を開きます。f:id:KEINOS:20140215141834p:image
  3. 上記パッケージ内の”Contents/MacOS”にある”SecurityHelperTool”をダウンロードしたものと入れ替えます。

f:id:KEINOS:20140215141835p:image

■所感

2014年になりました。新人用に新マシン購入の”GO”サインがお客さんから出たので、ウキウキしながら新しいMacBook Proを買ったのは良いものの、当然、最初からOSがMavericksなわけです。

「ってか、Mavericksも無料になったしー!めでたいじゃないか!これを機に!」と調子に乗って、マークされていなかったパンサーの古いMacBook ProやMacMiniにMavericksをクリーン・インストール。

Office、Photoshop、Illustratorと順調にインストールは続き、無事に起動を確認。心なしか動作も軽い。

しかし、肝心のVectorworks2012やVectorworks2010がMavericksで動かないと気付き、、、。

公式サイトを見ると、Mavericks対応はVectorworks2013から。しかもネットワーク版はMavericksは非対応。ライセンスのうち2台がネットワーク版なんっすけど!

VWをバージョンアップするにはライセンス数から考えると泣きそうな金額になることは必至。
一応、代理店に見積りを取ったところ、やはり泣きそうな金額に。しかも、見積りの重要事項欄に「Vectorworks 2013, 2014を動かすにはVRAMが512MB以上あることが必須」とのこと。10台近くあるMacで、512MB以上のVRAMマシンは、新しく買ったMacを含めて2台、、、。無理じゃん!
せっかくマーベリックったMacを、泣きながらOSのバージョンダウンを試みるも、新しく買ったMacBook Proは何をしてもNG。

コールセンターに電話したら、OSにある”AppleStore”からライオン買えるよ!と、買うための直リンを教えてもらい、わざわざLionを買ったのに、、、やはりエラーでバージョンダウン不可。

これ以上はアップルストアの賢いバーテンダーに聞けと言われ、ジーニアスのいるバーに行ったら『アップルは昔から、プリインストールのバージョンより低いOSにはダウン出来ない』事が発覚! ガチョーン。

買っちゃったよ、、、

Intel入ってるんじゃないの!Intel入ってればDOSだって行けちゃうんじゃないの?!という、基本Wintelユーザーには理解し難い仕様に悩まされ、
買っちまったMavericksの呪い付きMacBook ProをVectorworksで使うにはどうしよう、、、と。

で、色々探してたら本家(英語)のサイトで見つけたとさ♪

Vectorworks2012ネットワーク版のMavericks対応状況

ネットワーク版ですが、結論から言うとまだ原因はわからず。色々試したのですが「壊れたファイルがあるか、必要なファイルがありません。Vectorworksを再インストールしてください。」エラーが出ます。

f:id:KEINOS:20140215221838p:image

■試したがNG

  • スタンドアロン版と同じパッチをあててどうか →NG
  • SP5を当ててどうか →NG
  • 言語を日本語から英語に変えて、また日本語に戻してどうか →NG
  • “Preferences”や”Application Support”などにあるVWのファイル(plistなど)を削除してから、再インストールしてどうか →NG

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告