Excelで空白セル以外の数値をプラス・マイナス逆転させる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Excelで空白セル以外の数値をプラス・マイナス逆転させる

Excelでプラス値をマイナス値に置換する方法

Excelで、正数(プラス)と負数(マイナス)を逆転させるには、基本的な考え方として”-1″という値をセルに掛けて(乗算して)あげます。

計算式を使って、別のセルに表示させたものをコピーして値貼り付け、といった方法なども考えられると思いますが、簡単な方法があります。

  1. 利用していない適当なセルに”-1″を入力し、それをコピーします
  2. プラス・マイナス逆転したいセルを選択
  3. 右クリックで「形式を選択して貼り付け」を選び、演算にある「乗算」にチェックを入れて「OK」

つまり、コピーした”-1″という値を、貼り付けると同時に掛け算(乗算)してあげるという機能を使います。

空白セル以外の数値をプラス・マイナス逆転させる

上記の方法だと、空白のセルに”0″(ゼロ)が入ってしまいます。

そこで、一旦空白セルにダミーの文字列を入れておいて、プラス・マイナスを逆転させた後、ダミーの文字列を空白に置換すると、結果として空白セル以外の数値をプラス・マイナス逆転できます。

  1. 利用していない適当なセルにダミーの文字列(“hogehoge”など)を入力し、それをコピーします
  2. 置換(プラス・マイナス逆転)したいエリアを範囲選択します
  3. Ctrl+Gで「ジャンプ」ウィンドウを開き「セル選択」ボタンを押します
  4. 「空白セル」を選択し「OK」を押すと空白セルだけが選ばれます
  5. Ctrl+Vで貼り付けるか「形式を選択して貼り付け」で値として、コピーしたダミーの文字列を貼り付けます
  6. プラス・マイナスを反転させます
  7. 置換で(1)のダミー文字列を空白に置換します

※単純に”0″を空白に置換してもいいのですが”0.123″などの場合”.123″に変わってしまうので


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存