FilemakerとExcelのINT関数の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

FilemakerとExcelのINT関数はマイナス値で挙動が違うを切り捨てる

小数点以下を切り捨てる場合に使われるINT関数ですが、マイナスの小数点を扱う場合、FilemakerとExcelでは挙動が違うので注意が必要です。

使い方はどちらも

INT( -100.5 )

ですが、結果は以下の通り。

Excel: INT( -100.5 ) = -101
Filemaker: INT( -100.5 ) = -100

消費税の計算で1円違うことはよくありますが、ゼロに近いほうに切り捨てないともったいないので、立替などのマイナス値を扱う場合は注意。

挙動をあわせるためには以下のようにします。

Excel: RoundDown( -100.5, 0 ) = -100
Filemaker: INT( -100.5 ) = -100

厳密に言うと、FileMakerとExcelではINT関数の意味が違います。

FileMakerは「四捨五入せずに、引数の指定した数値の部分(整数)を返す」ことが目的で、Excelの場合は「数値をより小さいほうに丸めた数値を返す」ことが目的です。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存