弥生のファームバンキング(FB)で振り込むと銀行名が消える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

弥生給与のファームバンキングを使って振り込むと銀行名が消える

主な原因としては、振り込む際に作成される「全銀協フォーマットの振り込み用ファイル」(以下、全銀協ファイル)に記述されている銀行名や支店名が、全銀協が制定する銀行名や支店名と異なる場合です。

つまり、銀行コードと銀行名が全銀協指定の内容と同じでないとエラーになるということです。

これは、銀行コードと銀行名が違う場合、振り込みミスにつながるためです。

■詳細と所感

弥生給与には「ファームバンキング」(FB)と呼ばれる、全銀協ファイルを作成する機能があります。

例えば、ネットバンキング(三菱東京UFJ銀行の場合は”BizSTATION”など)上で、この全銀協ファイルをアップロードすると、複数振り込み先に一括で振り込み依頼できます。

主に企業ユースですが、定期的に、かつ振込先が多い場合には便利な機能だと思います。

問題は、WEBでの振り込み依頼(全銀協ファイルをアップロード)時、まず振込先に問題がないかの確認画面になるのですが、この画面で銀行名が空欄(表示されない)ケースがあります。また、支店名エラーが発生するケースも。

その場合は、銀行名や支店名を改めて入力しないといけない手間が発生します。

実は、弥生給与(Ver.10)のマニュアルの記載に問題があります。

銀行名を設定するページで略称(表示名)を「三井住友銀行」と入力すると「ミツイスミトモギンコウ」という銀行名が自動入力されると記載されているのですが、全銀協の指定では「ギンコウ」は入っていません。つまり、修正が必要である旨の記載がないのです。

同じく表示名を「高田馬場支店」にしても、全銀協指定の記載は「タカダノババ」で、「シテン」は入りません。

お客さんが、この原因がわからず毎回WEB上で銀行名や支店名を入力していて、銀行や弥生に電話してもたらいまわしにされたというので、この記事を書きました。

まぁ、データに問題があるから銀行としてもアプリ側に問い合わせるように言われるよね。

アプリ側としても、銀行によって記載ルールは異なるし。

ま、そういうことです。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告