MacBookProでBootcamp上のWinXP用ビデオ・コントローラー・ドライバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

MacBook ProにBootcampでWindowsXPを入れて、解像度が1024×768以上にならず、デバイス・マネージャーを見るとディスプレイアダプタがビックリして(「!」マークがついて)いる場合は、”SnowLeopard”のインストールCDを開きATIのXP用レガシードライバを入れます。

/Boot Camp/Drivers/ATI/ATIGraphicsSetupXPLegacy.exe

以下は、上記で動いた際の環境です。

■OSM
WindowsXP Home Edition SP3
■マシン
MacBook Pro 2GHz, メモリ2GB
Boot Camp Ver.3.2
■ディスプレイ・アダプタのチップセット
Mobile Intel(R) 945GM/GU/PM/GMS/940GML/943GML and Intel(R) 945GT Express PCI Express Root Port
■動作確認済みドライバ
ATI Radeon X1600シリーズ(Legacyドライバ)
※SnowLeopardのCD内にある"ATI"のXP用レガシードライバ

■所感&経緯

WindowsXPをBoot Campを使ってインストールしたのですが、サービスパックを当てたらモニタの解像度がおかしくなってしまいました。

OSを起動するとドライバを聞かれるのですが、うまくあたりません。SnowLeopardのCDをセットして、Bootcampを再インストールしてもNG。デバイス・マネージャーで削除してから再起動してもNG。ネットに探させに行かせてもNG。

「ではチップセットを調べてドライバを入れよう」と、デバイス・マネージャーの表示を「デバイス(接続別)」に切り替えて「PCIバス」にあるビックリしているチップセットを調べた。

どうやら「Mobile Intel 945GM」系のExpressチップセットのようである。しかし、Intelのサイトからダウンロードしてインストールしようとしても「条件がそろっていません」エラーでインストールできず。

色々調べてると、どうやら問題なく”MacBookPro”で動作しているWindowsXPの画面を見るとATIのアイコンがタスクバーに見えるじゃない。

そこで、CDをほじって「ATI」フォルダの中にある「ATIGraphicsSetupXP」を実行してみたのですが、同じく何かの条件を網羅しておらんとインストールできませんでした。そこで、中を見るとHDMIのドライバも入れようとしている。

なるほど、シンプルなドライバが必要なのねと思いきや、隣に「ATI Graphics Setup XP Legacy」とあるでないの。

で、こいつをインストールして再起動したら動いたとさ。

画面も1440*900pxになり、ピシッと画面がなったところで、デバマネを確認するとディスプレイ・アダプタに”Radeon X1600″があたってました。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存