FileMakerのスクリプトでファイルの保存先を指定する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

FileMaker Proでファイルの保存先をデスクトップに指定する

ポイントは、デスクトップのパスを取得し、それにファイル名を付けた先に保存すること。

■関数名

Get( デスクトップパス )

■使用例(「変数を設定」での使用例)

名前:$sPathWithFileName
値:Get(デスクトップパス)&"保存するファイル名.csv"
繰り返し:1

■所感と説明

FileMakerで、ExcelやCSVファイルの保存先をデスクトップなど特定の場所に保存したい場合、基本的にはボタン押下時のスクリプトにデスクトップのパスと保存したいファイル名を記載します。

しかし、その際のデスクトップのパスですが、FileMakerのファイル(fp7)が移動したり、別のマシンで実行する予定がある場合は、絶対パスで記述(保存先を指定)すると不具合が出ます。
“../../保存するファイル名.csv”といった、相対パスであっても、必ずしもその先がデスクトップであるという保証があるわけではありません。

そこで、現在のデスクトップのパスを取得する関数(”Get(デスクトップパス)“)を使います。

しかし、何だな、関数の引数に日本語を使うってまだまだ違和感がありますが、慣れれば直感的でいいのかな?

関連記事

弥生会計からFilemakerProへ勘定科目と補助科目をインポートする... 弥生会計12の勘定科目と補助科目をFilemakerに取り込んで科目マスターに利用する FileMakerで仕訳データを作成して弥生会計で集計をしたい場合など、FileMakerと弥生会計と連携をする際、勘定科目や補助科目に合わせた税区分や税計算区分などを同じにする必要あります。(弥生会計とF...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告