WineBottlerでPortableAppsを使う際に必要なDLLの確認方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

PortableAppsのMac対応は可能か

WindowsアプリにはPortableAppsという、USBに入れて持ち運べる(インストールいらずの)、無料で優秀なツール群をまとめたサイトがあります。

すべてではありませんが、Wine Bottlerを使うと、Windows用アプリをMac上でも割りと手軽に使えるようになります。

また、作成時に「Wineを内包させる」のチェックが入っていれば単体のアプリとしても動作するので、わざわざ他のマシンにWineを別途入れる必要がなくなるので便利です。

しかし、この際にアプリが必要なDLLが揃っていないと動きません。つまりアプリやDLLの依存関係をチェック(確認)する必要があります。

■Windows側での確認事項

  1. アプリが必要とするDLLを調べる
  2. 必要なDLLを一覧でテキストに保存する
    • [表示]-[フルパス表示]にして「モジュール」一覧をすべて選択してコピーします
    • “list.txt”といったファイル名で上記の一覧をペーストして保存します
  3. バッチファイルを使って、テキスト保存されたDLL一覧をコピーする
    • コピー先のフォルダを作ります。(例: “C:\TEST”)
    • 新規テキストに下記内容を記入して、バッチとして保存する。(例: “C:\listcopy.bat”)
      ▼バッチの内容
      FOR /F %%i in (list.txt) do copy %%i "C:\TEST"
  4. アプリと同じ階層にコピーする
    • 上記のバッチファイルをダブルクリックするとコピーが始まる

■Mac側の作業

  1. WineBottlerで作成したアプリにコピーしたDLLを追加
    1. Mac側のアプリを右クリックして「パーッケージの内容を表示」
    2. [Contents]-[Resources]-[drive_c]-[Program Files]-(アプリのフォルダを探す)
    3. アプリと同じ階層に、Win側でコピーしたファイルをコピーする

ただ、WineBottlerが内包しているWineのバージョンって古いので、最新のバージョンのWineを使いたい場合は”Wineskin Winery”がいいと思います。

2012/03/31追記:”Wineskin Winery”を使った別記事を作成しました。併せて参考にしてください。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告