Pogoplugのアクティブ・コピーの挙動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

バックアップ(アクティブ・コピー)の挙動チェック

■バックアップフォルダの選択

ローカルの共有フォルダと、Pogoplug機器(ハード)の共有フォルダでチェック

ローカル側の共有フォルダをPogoplug機器側の共有フォルダにバックアップ できない
Pogoplug機器側の共有フォルダをローカル側の共有フォルダにバックアップ できる
ロカール側の共有フォルダを他のユーザの共有フォルダにバックアップ できない
Pogoplug機器側の共有フォルダを他のPogoplug機器の共有フォルダにバックアップ 未検証

∴Pogoplugソフトウェアだけではバックアップ(アクティブ・コピー)できません。プレミアムアカウントでもNGです。

■ファイルのコピー(追加)

ローカルに追加 バックアップ先にも追加される
バックアップ先に追加 ローカルにも追加される

■ファイルの削除

ローカル側を削除 バックアップ先は健在
バックアップ側を削除 ローカル側は健在

∴非可逆コピー的な動作をします。同期ではありません。

詳細と所感

前回、Pogoplugはインターネットを通じて、ネットワーク共有フォルダを簡単に実現するソフトであり、ファイル共有サービスであることをお伝えしました。

そこで言及したのが、オフライン状態やサーバダウン時には使えないという問題点です。ここがDropboxと大きく違うのですが、PogoplugをよりDropbox風に使うために「アクティブ・コピー」という機能があります。これは、共有されたフォルダの中身を、他のPogoplug機器(デバイス)の共有フォルダにコピーしてくれるという機能です。

この機能を使って、ローカルとPogoplug機器(ハード側)に、なんちゃってDropbox用の共有フォルダを作成し、Pogoplug側の共有フォルダをローカル(自分のマシン)の共有フォルダにバックアップする設定をします。

つまり、ローカル側の共有フォルダにファイルをアップすると、Pogoplug機器側にもファイルがアップされ、自分がオフラインでも他の人がアクセスできます。

また、他の人がPogoplug機器側にファイルをアップすると、自分がオンラインに戻った時に、ローカルのフォルダにもコピーされます。

これによって、なんちゃってDropbox風に使えるようになります。

なんちゃってというのは、上記調査票のように、Pogoplugではいわゆる「同期」は行えません。つまり「片方を削除すると、もう片方も削除される」といった同期動作です。

バックアップ先は常にオンラインにいないといけないので、Dropbox風に使いたい場合はPogoplugソフト+PCではなく、Pogoplugハード(専用機)が必要になりますし、片方を消しても、もう片方では残っているので、「同期」という意味ではDropboxに軍杯があがると思います。

しかし、このアクティブ・コピーですが、実は Pogoplugの新しいバージョンでは半分なくなっています。(苦笑)

どういう事かというと、アクティブ・コピーの実際の動作である「バックアップ」に用語が統一されて行くようで、Pogoplugソフトの設定にある「バックアップ」では「アクティブ・コピー」と表現されています。しかし、機能は残っているので安心してください。

バックアップしているだけなのに、アクティブ・コピーと言うから、さも「同期」してくれると誤解を招くと思うのですが、「アクティブ」つまり現在存在するファイルのみコピーするという意味で捉えるとわかりやすいかもしれません。

一方向にしかコピーできない、安いバックアップソフトを両方に入れているような感じですね。

今回の記事も、それにちなんだ調査結果を残したくて作成しました。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存