Google URL ShortenerAPIでQRコードの画像取得とPHPとアクセス解析

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

長いURLを短くするサービスとして、bit.lyが有名ですが、Googleも”goo.gl“というドメインで同じサービスを提供しているのですが、goo.gl APIの提供がはじまったそうです。

余談ですが、実は短くされたURLの最後に”.qr”と付けるとQRコードの画像が取得できるんです。結構前からあったようですが、Androidのために見直されたそうで。同様に”.info”と付けると、そのURLのクリック数といったアクセス解析結果が見れます。

■短くなったURL

http://goo.gl/GoYpz

■上記のQRコードの画像

<img src="http://goo.gl/GoYpz.qr" />

■上記QR画像の表示結果

■上記URLのアクセス解析

http://goo.gl/GoYpz.info

Google URL ShortenerAPIを使ったPHPスクリプト

そこで、長いURLを渡すと、短くされたURLを返すPHPスクリプトに一工夫してみました。
いや、短くしたURLの最後に”.qr”足しただけだから大したことはないんだけど。

まぁ、まずは”Google APIs console“にログインして、APIキーを取得してください。

<?php
$sApiKey = 'yourAPIKey';
$sUrlApi = "https://www.googleapis.com/urlshortener/v1/url?key={$sApiKey}";
$sUrlLong = 'http://your.long.url/comes/here/';
$sRequest = json_encode(array('longUrl'=>$sUrlLong));
$aHeaders = array('Content-Type:application/json');
$res = curl_init();
curl_setopt($res, CURLOPT_URL, $sUrlApi);
curl_setopt($res, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, FALSE);
curl_setopt($res, CURLOPT_POSTFIELDS, $sRequest);
curl_setopt($res, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
curl_setopt($res, CURLOPT_POST, TRUE);
curl_setopt($res, CURLOPT_HEADER, FALSE);
curl_setopt($res, CURLOPT_HTTPHEADER, $aHeaders);
$sUrlShort = curl_exec($res); //ショートURL取得
curl_close($res);
$sUrlQrImg = "{$sUrlShort}.qr"; //.qrを加えてQRコード画像のURLにする

■参考URL


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告