PHPのfile_get_contentsで404エラーを検知する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

PHPのfile_get_contents関数を使ってURL先のコンテンツを取得する際に、取得先にファイルがない(404エラーであった)場合の処理のサンプル・コードです。URLが存在するか調べるだけであれば、HTTPヘッダーを調べる方が軽いです。

<?php
$sUrl = "http://your-url-to-check.com/"; //取得したいURL
if( ( $sResponce = @file_get_contents($sUrl) ) == FALSE ){
// HTTPステータスコードを取得する
list($version,$status_code,$msg) = explode(' ',$http_response_header[0], 3);
// ステータスコードごとの処理
switch($status_code) {
case 404:
return "404: Not found.";
break;
default:
return "ERROR {$status_code}";
break;
}
}
else{
//正常にfile_get_contentsで取得できた場合の処理
return "OK: {$sResponce}";
break;
}
?>

■参考:BeTwittered, PHP and file_get_contents | robert.arlesnet.com


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存