Google Apps と既存のGMailとの連動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

普段使っていたGMailアカウントとGoogleAppsのGMailを連動させる方法

GoogleAppsでGMailが使えるのは便利だけど、従来のGMailとは別のモノなので、切り替えがいちいち面倒くさい。

いつも使うGMailのアカウントでGoogleAppsでもログインできればいいのだけれど、どうもそれはできないらしい。少なくともメールだけでも一元管理したいものだ。

うーむ…どうしたものか。

結論

GoogleAppsのGMailをPOPアクセスを可能にして、既存のGMailからPOPで読みに行かせる。

手順

やっていることは、Yahoo!Mailや他のメールサーバのメールをGMailでチェックする方法と一緒なんですが、一応。

GoogleApps側のGMail設定
  1. GoogleAppsのGMailの「設定」に入る。
  2. [メール転送とPOP/IMAP]タブ→[POP ダウンロード]→「すべてのメールで POP を有効にする」でPOPを有効にする。
  3. 「POP でメッセージにアクセスする場合」は「●●●のコピーをアーカイブ」がいいでしょう。
  4. 「変更を保存」ボタンで変更を適用する。
いつも使う側のGMail設定
  1. いつも使う方のGMailの「設定」に入る。
  2. [アカウントの設定]タブ→[別のアカウントからメールを受信]→「別のメール アカウントを追加」する。
  3. [メールアカウントの追加]ウィンドウが立ち上がるので、GoogleAppsのメールアドレスを入力、次へ。
  4. [ユーザ名]にGoogleApps側のメアドを入れる。(Googleログインと違ってドメイン名も付け忘れないこと)
  5. [パスワード]にGoogleApps側のパスワードを入力。ポートは「995」(SSL)にしておく。
  6. [セキュリティで保護された接続 (SSL) を使ってメールを取得する]にチェックを入れる。
    ※「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」ことはできません。しかし、上記GoogleApps側の設定で「●●●のコピーをアーカイブ」しておくとメッセージは残せます。
  7. 必要であれば[受信したメッセージにラベルを付ける]
  8. 必要であれば[受信したメッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする]
  9. [アカウントを追加]ボタンで追加します。

あとは、送信した際にGoogleAppsのメアドでメールを送るか聞いてくるので、必要なら設定する。個人的にはした方がいいと思う。

メールのチェックが始まるので、しばらくして「いつも使う側のGMail側」でGoogleAppsのメールが届いていればOK。

経緯

家族ドメイン

最近、家族でドメインを取得しました。

というのも家族内で携帯やら会社やらYahoo!やらHotmailやらと、どのメアドが使えるか お互いに把握できておらず メールを送るときは とりあえず片っ端から知ってるメアドを入れたりしていた。

両親が日本に帰ってくるので新しい実家が出来ることを機に整理しようと、とりあえず勢いでValueDomainで10年分のドメインを取得してしまった。

サーバ

住所(ドメイン)が決まったら、次は家(サーバ)が必要になる。

私はSIに近いプログラマーだし、弟はSEである。当然自前でサーバを立てることもできるし、過去にも自鯖なるものを立てたこともあるが、その中で学んだことは、「安定して使いたいなら外部のサービスを使え」ということであった。

自鯖は楽しいけど、仕事中にヤレ落ちただの、やれ韓国から攻撃だの。

また、(当時は)ほとんど家に帰らない(帰りが遅い)くせに、その為だけにプロバイダー契約するのもコスト的に割が合わない。と、わかってるくせに回線が光っちゃったり。

まぁ、いろいろと面倒なわけで。

その頃、海外にも行く機会があり、結局メールは海外のフリーメールを経て、WEBメールに移行していったのでした。

Hotmailから始まり、忘れてるとアカウントが(メールさえも)消されるので、Yahoo!Mailに移ったのはいいのですが、スパムには入れられるわ、広告がいささか気になるわ、で、結局GMailに落ち着いたわけです。

と言ってもGMailは、Googleに勤めている知人を持つ知人に来日時にPCをしばらく貸したお礼に招待されたのがきっかけだったんですけど。

以来同じアカウントを使い続けています。

GoogleAppsはGMailと同じくスプレッドシートも使えるので、家族内の備忘録や住所録とかに使っていければと思う。

関連記事

Google ドキュメントを活用したCMSの構築... CMSのマッシュアップ?! Web開発をしていると、Webサイト構築に当たって、お客さん(クライアント or システムのエンドユーザー)がいかに更新してくれるかに頭を悩ませることが多々あります。 そこで、手軽に更新するためのコンテンツ管理システム(以下CMS)として、Googleドキュメント...
Google App EngineでPHPを動かす?! "PHP Classes"のメーリングリストで、Google App EngineでPHPを動かしてみるといったポストがあったので、面白そうだと思って読みに行ってみた。 Running PHP on Google App Engine - PHP Classes blog 従来Pyt...
Google Chrome Portableに Trojanウィルス? ウィルス検出率99.9%という、圧倒的なウィルスの検知力を持つといわれる"G DATA"の"G DATA インターネットセキュリティ2009"を入れたところ、事前スキャンでは検知されなかったんですが"Google Chrome Portable"のアップデータにTrojanウィルスがあるとアプリ...
Portable Google Chrome 3.0.195.21 最終ベータ版リリース... ドイツのプログラマーCaschys氏のブログ上でリリースされていた、USBメモリなどで持ち運べるGoogleChromePortable3.0.xがベータ最終版になったようです。 ■ダウンロード Portable Google Chrome 3.0.195.21 Caschys...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告